ソフトバンクのガラケー『AQUOSケータイ3』料金とLINEは不可!

ソフトバンクとワイモバイルで2019年4月より発売のSHARP製『AQUOSケータイ3』

スマホ全盛期ですが、まだまだ人気は高く一定の利用者数があるガラケー。

「操作はシンプルだし、最低限通話とメールくらい使えれば問題なし」という人も結構多く、最近では大手3キャリアではLINEが使えるガラケー型のスマホ(ガラホ)の販売を継続しているほどです。

中でもソフトバンクのガラケー(ガラホ)として人気のSHARP機種『AQUOS(アクオス)ケータイ』シリーズの新モデル『AQUOSケータイ3』が、ソフトバンクとワイモバイルでそれぞれ2019年4月に発売されました。

今回はソフトバンクとワイモバイルで発売された人気機種『AQUOSケータイ3』のスペックや料金面を見ていきたいと思います。



ソフトバンクのガラケー(ガラホ)と言えば「AQUOSケータイシリーズ」か「DIGNOケータイシリーズ」の2強と言っていい程人気がありますが、2019年4月12日に『AQUOSケータイ3』が発売されました。

ソフトバンクとワイモバイルで2019年4月より発売のSHARP製『AQUOSケータイ3』
『AQUOSケータイ』シリーズと言えばSHARP製という事でも定評がありますが、2016年10月に発売された『AQUOSケータイ2』以降2年半ぶりの最新モデルの発売となります。

待ち時間なし♪24時間いつでも自宅から申込可能♪

頭金もなし♪ソフトバンクに行く必要なしですよ

ちなみに「ソフトバンク」だけでなく、そのグループ会社の「ワイモバイル」でも同時にAQUOSケータイ3のラインナップが追加されています↓

SHARP製のガラホ「AQUOSケータイ3」はソフトバンクとワイモバイルで同時発売

AQUOS ケータイ3 | ソフトバンク

AQUOS ケータイ3(3806SH) | Y!mobile

ソフトバンクのガラケー(ガラホ)のラインナップに関しては以下のページで解説しているので参考にどうぞ↓

SoftBankのガラホ(4Gケータイ)選び2019!最新機種や料金・LINEは使える?

2019.02.20

ソフトバンク&Y!モバイルのAQUOSケータイ3のスペックは?LINEは使えない!

2019年現在大手キャリアでは4GLTEケータイがメインとなっており、LINEは当然のように使えますが、『AQUOSケータイ3』の場合はAndroidOSではないのでLINEが使えません。

LINEアイコン

確認のため問い合わせてみましたが、確かにAQUOSケータイ3ではLINEは使えないとの回答を貰いました。


りょう先生

AQUOSケータイ3ではLINEは使えますか?


Y!モバイル

恐れ入りますがLINEのご利用ができません。

AQUOSケータイ2まではLINEが使えましたが、どうやらAQUOSケータイ3ではLINEは使えないようです。

今や必須ツールのLINEが使えないのは致命的だという人は多いと思いますが、LINEが使いたい場合には旧モデルの『AQUOSケータイ2』や『DIGNOケータイ』シリーズを検討する方が良いとの事です。

AQUOSケータイ3のスペック一覧

ガラホのスペック・機能面は以下のようにスマホに比べて高いものではないですが、基本的な通話やメール・LINEを使うには充分過ぎるスペックとなっています↓

ソフトバンクでの発売日: 2019年4月12日
メーカー: SHARP
カメラ: 約800万画素(手ブレ補正は無し)
バッテリー容量: 1,680mAh
サイズ: 約W51×H115×D17mm(折りたたみ時)
画面サイズ: 約3.4インチ(960×540ドット)
重量: 約123g

参考:AQUOSケータイ3 | SHARP

AQUOSケータイ3の特長

「でかレシーバー」で通話相手の声が聞き取りやすい

AQUOSケータイ3には通話に役立つ「でかレシーバー」が搭載されており、他のSHARP機種の1.5倍の音圧レベルのレシーバーを搭載しているので、通話相手の声が小さくてもクリアに聞こえるようになっています。

でかレシーバー

また自分の声が相手に届いているかが分かりやすい「スムーズトーク」機能も搭載しているので、通話時には通常のガラケーよりもスムーズに会話ができるようになっています。

また、ガラケーの画面の小ささから読み取りにくいなどの問題にも、設定から「はっきりビュー」をオンにする事で画面が見やすくすることも可能です。

はっきりビュー機能

丈夫なガラケー+「インテリジェントチャージ」でバッテリー長持ち

AQUOSケータイ3のバッテリー容量は1,680mAhとそんなに多くはありませんが、バッテリーの劣化を軽減する「インテリジェントチャージ」を搭載しているため、長期間の利用に対応しています。

他にも従来のAQUOSケータイ同様に防水・防塵や耐衝撃にも対応している他、「Wi-Fi」や「テザリング」にも対応しています。

AQUOSケータイ3の特長「聞きやすい」「操作しやすい」「長く使える」

また、「のぞき見防止機能」をオンオフできるので、電車の中でのメール等を周りを気にせずする事もできます。

ちなみにワイモバイルで発売されている『AQUOSケータイ3(3806SH)』もソフトバンクのものと同じスペックとなっています。

ソフトバンクで『AQUOSケータイ3』へ機種変更すると料金はこれくらい

続いて気になるのが『AQUOSケータイ3』へ機種変更した場合の月額料金でしょう。

ソフトバンクで購入する場合、『AQUOSケータイ3』の端末代金は、他のガラケーモデルと同じく47,520円なので特に高い訳でもありません。

しかし、ガラホなので料金体系がスマホのように割高になっており、例えば月容量1GBのミニプランで契約したとしても以下の月額料金は掛かってしまいます↓

AQUOSケータイ3の端末代金(36回分割時) 1,320円/月×36か月
(端末代:47,520円)
月月割(端末割引) -830円/月×36か月
通話定額基本料(ケータイ) 2,700円/月
データ定額ミニ1GB 3,132円/月
合計月額 6,322円/月

通話プランを下げればもう少し安くすることはできるものの、月容量1GBのガラケーに月額5,000円以上はちょっと割高な気がします。

ワイモバイル乗り換えでAQUOSケータイ3購入時の料金も

ちなみにソフトバンクのグループ会社『ワイモバイル』でもSHARPのAQUOSケータイ3が販売されていますが、スマホ用のプランにする事でこちらの方が安く済むようです↓

AQUOSケータイ3の端末代金(24回分割時) 1,512円/月×24か月
(端末代:36,828円)
月額割引 -756円/月×24か月
スマホプランS(3GB) 3,218円/月
ワンキュッパ割(1年間) -1,080円/月×12ヶ月
合計月額 2,894円/月
2年目以降:3,974円/月

ワイモバイルの場合には「月3GB+10分までかけ放題+端末代込」でこの料金なので、料金面では勝負になりませんね。

ソフトバンクの「スマ放題」のように完全かけ放題が使いたい場合には、+1,080円で「スーパー誰とでも定額」というオプションを付ける事で完全かけ放題にする事も可能です。

最近では「格安スマホ」も当たり前になってきていますが、ガラケーの場合にもワイモバイル等の大手3キャリアよりも安く使える会社が登場しているのでかなりの節約になるでしょう。

ソフトバンクでケータイ機種変更よりワイモバイルが安い!料金比較

2019.03.22

待ち時間なし♪24時間いつでも自宅から申込可能♪

頭金もなし♪ソフトバンクに行く必要なしですよ